IT関連

HTMLを学びはじめよう!

wordpressでブログを作り始めました。テーマには「STINGER」を購入したので、初心者の私でも簡単に作れました。

STINGERを使うことでword感覚でホームページを作れますが、それでもHTMLの知識はあった方がいいと感じ、せっかく覚えるならちゃんと使えるようにしたいと思いました。 

そんな経緯から、自分で学んだHTMLについての知識をアウトプットしていきます。HTMLについて初心者がわからなかったこと、学んだことを記録していきます。

 

これから始める人の参考になるといいです

 

 

私自身のパソコンスキル

会社のホームページを一部いじることがあり、HTMLについては、文字の強調(<strong>タグ)やタイトル(<h>タグ)の作り方は見たことあがありましたが、自分でブログを作り始めてみたら知らないことばかりでした。

ワードやエクセルについては基本的な入力、書式設定、グラフの作成などはできますがが、高度な知識は持っていません。マクロ?って感じです。できなくはないけど、できるわけではない...という一般的なレベルだと思います。

 

何から始める?

wordpressでブログを作り始めるといろいろなことが簡単にできますが、下記画像(Google検索より)のようなhtmlの画面に出会うことがあります。はじめはさっぱりわからないですが、1つ1つ確認すると、それぞれにルールがしっかりとあります。

 

htmlファイルはどうやって作る

HTMLとは「Hyper Text Markup Language」の略で、コンピュータとやりとりをするための言語です。

「タグ」と呼ばれる識別の記号を用いて意味づけを行っていきます。タグにはいろいろな種類があり、マークアップされたテキストはタグの種類によって「見出し」「段落」などというように意味づけがなされます。

Webブラウザ上で次のような文を表示しようとするには、右のようなタグを利用してマークアップする必要があります。

 

HTMLファイルの作り方

HTMLのファイルは「.html」という拡張子で保存します。
はじめに表示されるファイル名は「index.html」とするのが一般的です。

 

メモ

拡張子が表示されていないときは、設定を変更してください。

<Macの場合>
「finder」の「環境設定」画面から「詳細」タブを表示し、「すべてのファイル名拡張子を表示」にチェックを入れます。

<Windows10の場合>
「エクスプローラー」を起動し、上部メニューの「表示」をクリックして「ファイル名拡張子」にチェックを入れます。

 

Webサイトは、HTMLファイルだけでなく、画像ファイルや*CSSファイル、*JavaScriptファイルなど複数のファイルから構成されています。

1つのWebサイトにつき1つのフォルダに、ファイル類をまとめて格納して保存・管理するのが一般的です。特別な理由がない限り、製作中のWebサイトのデータは1つのフォルダにまとめておきましょう

はじめに表示されるファイル名は「index.html」とするのが一般的です。

 

まとめ

プログラミング言語を学ぶときに、HTML言語からはじめる人も多いと思います。私もここから学習していきます。はじめはとても難しいですが、1つずつ理解できると自分の作っているブログやインターネットでみているページがどのように作られているか理解することができます。

将来的にはHTMLだけでなく、他の言語も学習していきたいと思っています。同じようにプログラミング言語を学んでいきたいと思っている方の少しでも参考になるといいと思います。

最後までありがとうございました。

 

 

 

google広告

-IT関連

PAGE TOP