高校受験

埼玉県【公立高校】入試状況(2020年度)

 

埼玉県で塾講師をしています。受験生や保護者の方へ情報を提供していきたいと思います。

 

では「埼玉県の公立高校入試状況」について見てみましょう。

 

公立入試の出願状況

2020年2月25日発表の埼玉県公立高校入学者選抜の志願者数は、全日制の普通・専門・総合学科の合計で41,393名でした。

入学できる人数は36,880名なので、平均倍率は1.12倍(昨年度1.16倍)でした。

全日制の公立高校希望者はここ数年は減少傾向にあります。、公立高校を希望する生徒の比率は、2010年の82.1%を最高値として、その後は減少しています。特にここ4年間は大きく下がり、2019年が69.3%、2020年は67.3%でした。

公立高校の全体の募集定員数は、卒業生の人数に応じて例年増減します(参考1)。今年度は19クラス760名が削減されています。今年は、大宮光陵(普通科普通コース)だけが40名拡大し200名定員となりました。

 

【参考1】募集定員が「40名削減」された学校(20校)

上尾橘、岩槻商業(商業)、岩槻北陵、浦和工業(電気)、桶川西、北本、栗橋北彩、鴻巣女子(普通)、児玉(普通)、狭山工業(電気)、白岡、杉戸、誠和福祉(総合)、鶴ヶ島清風、飯能南(スポーツ)、深谷、富士見、ふじみ野(普通)、三郷、和光

 

埼玉県公立高校 入試選抜のしくみ

埼玉県公立高校の選抜方法は「学力検査(5教科)」と「調査書」の合計点を基準として選抜されます。また、面接や実技検査を行う学校も一部あります。

 

学力検査

5教科(国数社理英)の学力検査が実施され、各教科100点満点です。また、英語でリスニングが行われます。学校により、英語と数学の問題の一部に応用的な内容を含む「学校選択問題」が実施されています。(参考2)

また一部の学校では、学力検査で「特定の教科を2倍」にして選抜する傾斜配点が、高校により実施されます。(参考3)

 

【参考2】学校選択問題実施校

浦和、浦和第一女子、浦和西、大宮(普通、理数)、春日部、春日部女子(普通・外国語)、川口北、川越、川越女子、川越南、熊谷、熊谷女子、熊谷西(普通、理数)、越ヶ谷、越谷北(普通、理数)、所沢、所沢北(普通、理数)、不動岡(普通、外国語)、和光国際(普通、外国語)、和光国際(普通、理数)、蕨
※2021年入試では、春日部女子は実施なし、川口市立が追加

 

【参考3】傾斜配点実施校(13校)

①「理科・数学」が傾斜配点
大宮(理数)、熊谷西(理数)、所沢北(理数)、松山(理数)、川口市立(理数)、市立大宮北(理数)

②「英語」が傾斜配点
大宮光陵(外国語)、春日部女子(外国語)、越谷南(外国語)、坂戸(外国語)、南陵(外国語)、和光国際(英語)

③「国語・社会・英語」が傾斜配点
春日部東(人文)

 

調査書

通知表とは別に「3年間の各学年の評定」を記載したものを調査書といいます。1~3学期の評定に応じて学年末評定がつきます

各学年「9教科×5段階で45点満点」となります。内申点の計算では、「中1:中2:中3=1:1:2」など、各高校が定めた比率に応じて評定値をだします。
例)通知表が「中1-40、中2-38、中3-45」、高校の設定比率「1:1:2」の場合
  (40✕1)+(38✕1)+(45✕2)=165

内申書の「特別活動等の記録(学級活動・生徒会活動・学校行事・部活動など)」欄や、「その他の項目(英語検定などの取得資格)」や「出欠の記録」欄なども点数化されます。これらの評価項目や評価基準(配点)も高校・学科・コースによって異なり、事前に公表されます。

入試では、「調査書の良し悪し」が合否に多く影響します。

 

中学1年生や2年生の通知表も評価対象となっていることから「中1のときから入試が始まっている」と言われています。

 

埼玉県公立高校 高倍率人気校

公立高校への希望者が年々減少していますが、実情は「定員割れをしている学校」と「高倍率の人気高校」の2極化が見られます。

定員割れによる欠員補充は、2016年の380名までは減少が続いていましたが、2017年は506名に増加し2018年には990名となりました。2020年度は780名となっています。

 

公立高校 全コース Top10

高校(コース) 倍率 昨年同期
1 市立大宮北(理数)  2.03 1.76
大宮(理数) 1.93 2.18
松山(理数) 1.73 2.05
市立浦和(普通) 1.58 1.87
浦和西(普通) 1.55 1.65
所沢北(理数) 1.55 1.73
蕨(普通) 1.50 1.49
蕨(外国語) 1.50 1.45
浦和(普通) 1.47 1.42
10 川越(普通) 1.45 1.39

(2020年3月5日 現在)

 

埼玉県公立高校 Top10の気になるところ

  • 全体でみると例年通り「理数科」が上位を独占
  • 今年度「2.00倍」を越したのは大宮北(理数)のみ
  • 理数科は設置校が増えて受験生が分散傾向 (理数科設置校:7校 大宮、熊谷西、越谷北、所沢北、松山、川口市立、市立大宮北)
  • 専門学科平均倍率:理数科 1.58倍、外国語科:1.27倍 
  • 浦和西は年々上昇
  • 蕨は設置2学科ともにランクイン

 

公立高校 普通科 Top10

高校(普通科) 倍率 昨年同期
1 市立浦和  1.58 1.87
浦和西  1.55 1.57
1.50 1.49
浦和 1.47 1.42
川越 1.45 1.39
川口北 1.39 1.29
川越女子 1.39 1.49
浦和第一女子 1.38 1.34
市立浦和南 1.36 1.36
10 和光国際 1.35 1.25

(2020年3月5日 現在)

 

埼玉県公立高校 普通科 Top10の気になるところ

  • 普通科倍率1.15倍
  • 市立浦和が例年安定のtop(2019年のみ越ヶ谷)
  • 男女別学の難関校4校がすべてランクイン
  • 市立浦和南はTop10内で唯一の「学力検査問題」実施校
  • 11位以下は、大宮北(1.34倍)、春日部、越ヶ谷(同1.33倍)、与野(1.32倍)、大宮(1.30倍)と続く

 

 

まとめ

公立高校の人気は数字上は下がっていますが、上位倍率校の人気は継続しています。

今後は、大学受験の変化していく中で進学実績や学校の特色など、学校の特色が明確な高校が、公立私立ともに人気校として生徒を集めていくと思われます。

最後までありがとうございました。今後も様々な情報を提供できるようにしたいと思います。

 

 

 

スタディサプリ中学講座

google広告

-高校受験

PAGE TOP