IT関連 LIFE

Apple Watch とiphoneで Suica2枚を使い分ける

こんにちはYuichiroです。

2021年5月にApple Watchを買いました。

今回は「Apple Watch」と「iphone」の両方に「Suica」1枚ずつを入れて、どちらでもsuicaを使用できるようにしたいと思います。

 

 

Apple Watchを買った理由の1つは「Suica」が使えることです。

 

注意ポイント

ここでのSuicaはすべて「モバイルSuica」を前提で紹介しています

 

普段は電車通勤なので、定期券として「Suica」を使っています。Apple Watchを購入してすぐにSuicaをApple Watchに移行しました。

 

iphoneからApple WatchにSuicaを移す

iphoneに入っている「Suica」をApple Watchに移します。購入したときにすでに行っているかたも多いと思いますが、一応紹介します。

 

1.ペアリングしたiPhoneで「Watchアプリ」を起動します

2.[ウォレットとApple Pay]をタップ

3.[WATCH上の支払い用カード]に表示されたSuicaのうちApple Watchに移動したいSuicaの[追加]をタップ

 

なお、1枚のSuicaをiPhoneとApple Watch両方で(同期させ)使用することはできません。また、Suicaの移動によりSuica ID番号が変わる可能性があります。

Apple Watchに登録したSuicaはいつでも簡単に移動できます。

 

 

しかし毎回移動させるのは面倒です

 

 

Suicaは複数枚所有することができるので、iphoneにもう1枚別の「Suica」を入れてみました。

 

iphoneに別のSuicaを作る

 

iphoneに入っている「Suica」アプリから追加します。

 

右上の「+」をタップします。

「My Suica(記名式)」「Suica 定期券」「Suica(無記名)」のいずれかを選びます。私は記名式を使用しています。

 

記名式(my suica)

■メリット
Suicaポイントクラブに登録可能 (会員登録し、特定の加盟店にてSuica決済すると、 Suicaポイントがたまり、Suica電子マネー等に交換可能)・紛失時再発行可能 (紛失再発行には、 手数料500円とカード代500円の合計1000円必要です。

■デメリット
個人情報登録の手間

 

無記名式(Suicaカード)

■メリット
個人情報入力の手間がない ・他人と共有できる

■デメリット
紛失時再発行不可

 

 

他人と1枚のカードを共有するつもりでしたら、無記名式を利用してください

 

 

次は、支払い方法を選びます。
私は「クレジット」を登録しているので、同じカードで作成します。

 

チャージ金額を選びます。

クレジットカードかApple Payで支払います。

 

あとはApple Payへの登録を進めていきます。
画面を確認しながら右上の「次へ」ボタンを押し、利用規約に同意すれば登録完了です。

 

これでiphoneにもsuicaが登録されました。

 

iphone上のApple Watchのアプリ「WalletとApple Pay」で、「Suica定期券」もしくは「メインで使用するSuica」が「エクスプレスカード」に設定されていることを確認しましょう。

 

まとめ

今回は「Apple Watch」と「iphone」の両方に「Suica」1枚ずつを入れて、どちらでもsuicaを使用できるようにしてみました。

ちなみに、AppleWatchのSuicaはセルラーモデルではなくても、iphoneが手元にない状態で使用することができます。「Suica」をAppleWatchで利用すると通勤定期としても、購入用の電子マネーとしてもとても便利です。

今後もApple Watchを活用できることを発信していこうと思います。

最後までありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

google広告

-IT関連, LIFE

PAGE TOP