IT関連 Macbook

【Mission Control】アプリケーションの切り替えを活用する

MacBook Air を2020年10月9日に購入しました。
購入した製品:MacBook Air (Retina, 13インチ, 2020) 256GBストレージ

Microsoftの「Windows」にはなかった機能がMacbookにはあります。しかも、初めはうまく使用できないのですが、理解できると劇的に操作効率がアップします。

その1つに「Mission Control」がありますが、使い方だけでなく設定が理解できると快適にMacbookを使うことができます。

 

 

アプリケーションの切り替えをうまく使いたい

 

 

Mission Controlのシステム設定で「アプリケーションの切り替えで、アプリケーションのウィンドウが開いている操作スペースに移動」というチェックボックの使い方を知りたくて調べました。

 

 

トラックパッドを使ってジェスチャーで移動

アプリ間の移動ならトラックパッドで「App Expose」を活用できます。
トラックパッドを「3本指で下にスワイプ」するだけです。

 

 

私はこれで切り替えアプリを移動しています

 

 

【Macbook】App Exposeの使い方〜ウィンドウを管理〜

続きを見る

 

 

ショートカットで切り替え

作業をしていると複数のアプリケーションが開いている状態になります。

使いたいアプリケーションにすぐたどり着くことができるショートカットがあります。

  • [cmd] + [tab]

アプリを選択できるようになります。

「cmd」を押したままタブキー「tab」もしくは「矢印キー」でアプリを選択できます。「shift」をあわせるとカーソルが戻ります。

 

参考

Windowsでも同様の作業ができます。

[Alt] + [Tab]

 

 

チェックボックス「アプリケーションの切り替えで、アプリケーションのウィンドウが開いている操作スペースに移動」について

使いたいアプリケーションを選択したときに、その操作スペース(ウィンドウ)に移動するためには、Mission Control のシステム環境設定が必要です。

  • システム環境設定→Mission Control

チェックボックスをOnにすると、「アプリケーションの切り替え(cmd+Tab)」で選択したアプリケーションに移動します。

 

作業をしているデスクトップ内でのアプリの移動なので、別のMission Controlの「別のデスクトップ」で開いているアプリには移動しません。複数のウィンドウで、同じアプリを開いている場合は「App Expose」のほうが使いやすいです。

 

自分にあった使い方をいろいろ試してみてください。

 

 

まとめ

Mission Controlのアプリケーションの移動について確認しました。

  • トラックパッド: 「3本指で下にスワイプ」
  • ショートカット: [cmd] + [tab]

システム環境設定の「アプリケーションの切り替えで、アプリケーションのウィンドウが開いている操作スペースに移動」は、[cmd]+[tab]の動作と連動していることがわかりました。

初めMission Controlの働きはをちゃんと理解するのは結構大変ですが、正しく覚えると作業効率がかなり上がります。そしてなによりMacBookを使うのが「楽しく」なります。

最後までありがとうございました。

 

google広告

-IT関連, Macbook

PAGE TOP