IT関連 Macbook

【Macbook】App Exposeの使い方〜ウィンドウを管理〜

MacBook Air を2020年10月9日に購入しました。
購入した製品:MacBook Air (Retina, 13インチ, 2020) 256GBストレージ

Microsoftの「Windows」にはなかった機能がMacbookにはあります。慣れるまでうまく使えないのですが、理解できると劇的に操作効率がアップします。

 

トラックパッド上で「3本指で下にスワイプ」すると...?

 

 

3本指で下にスワイプ

 

デスクトップ上にいくつかのウィンドウがまとまります。
これは「App Expose(アプリケーション エクスポーズ)」という操作です。

 

App Exposeって何?

 

トラックパッド上で「3本指で下にスワイプ(変更可能)」すると現れるのは「App Expose」と呼ばれる操作です。

いろいろなアプリをDockから開いて作業をしていると、画面上では複数のウィンドウが開いている状態になります。そのようなときに「App Expose(アプリケーショ エクスポーズ)」を使用して、アプリ上のウィンドウを整理できます。

 

App Expose とは?

特定のアプリ」の現在開いている「すべてのウィンドウ」が一覧で表示されます。「同じアプリのウィンドウが集まる」ということです。

”expose”という英単語は「(隠れているものを)あらわにする、露出する」という意味です。[ウィズダム英和辞書より]

 

作業をしているときに、開いているアプリを「探す」作業は時間の無駄になります。App Exposeを活用して効率よく作業をしましょう。

 

App Exposeの使い方

 

では具体的に「Google Chrome」を例に見てみましょう。

 

まずは「新規ウィンドウ」でいくつかウィンドウを開きます。

 

次に「*Mission Control」を使い、複数のデスクトップ上に「Google Chrome」から、複数のページを開きます。

 

「Mission Control」についてはこちらを参考にしてください。

Mission Control〜デスクトップを快適に〜【基本編】

続きを見る

Mission Control〜デスクトップを快適に!【応用編】

続きを見る

 

タブで開いているときは「App Expose」は機能しません。

 

App Exposeは、複数のウィンドウで開いている「同じアプリ」を集めてくれる操作です。

 

複数のウィンドウがそれぞれのデスクトップに開いている状態で「App Expose」を開きます。

 

トラックパッド上で「3本指で下にスワイプ」です

 

 

App Exposeの画面から目的のウィンドウを発見したら、ウィンドウを選択してすぐに作業ができます。

検索エンジンGoogleやYahoo!やMicrosoft Office系(エクセル、ワード)のアプリケーションを使用するときは、複数のウィンドウを開いて作業することが多いので「App Expose」は活躍してくれます。

 

こんなときは「App Expose」が便利

  • 同じアプリの目的のページを探すとき
  • いくつかの不要なウィンドウを整理するとき
  • どのアプリを開いているか確認したいとき

 

参考

App Exposeを開いた状態で「3本指で左右にスワイプ」すると「各アプリを移動」することもができます。

 

まとめ

 

「App Expose」と「Mission Control」とうまく活用することで、複数のデスクトップやアプリ、ウィンドウを操作することができます。

うまく操作できなくても作業はできますが、覚えることでMacbookを最大限に活用することができます。作業効率が上がるのは当然のことですが、Apple製品に特有の「心地よさ」を味わうことができます。ぜひ参考にしてください。

最後までありがとうございました。

 

google広告

-IT関連, Macbook

PAGE TOP