IT関連 Macbook

【Mission Control】ディスプレイごとに個別の操作スペース

MacBook Air を2020年10月9日に購入しました。
購入した製品:MacBook Air (Retina, 13インチ, 2020) 256GBストレージ

Macbookは操作効率を上げるための機能が色々とありますが、初めはうまく活用できません。
その1つに「Mission Control」がありますが、使い方だけでなく設定も理解できるとより快適にMacbookを使うことができます。

 

 

「ディスプレイごとの個別の操作スペース」って何?

 

 

 

ディスプレイごとに個別の操作スペース

「ディスプレイごとに個別の操作スペース」の設定は「マルチディスプレイ」を利用している方は確認してください。

 

 

使用していない人は基本的に「on」で問題ありません

 

 

では設定の仕方を見てみましょう。

  • 「システム環境設定」→「Mission Control」→「ディスプレイごとに個別の操作スペース」

 

番下にある「ディスプレイごとに個別の操作スペース」の On / Off について確認します。

 

 

このチェックボックスは、マルチディスプレイ(2つ以上のディスプレイ)を使用している人が活用するものです

マルチディスプレイを使用していない人は「チェックあり(On)」のままで問題ないです。

 

マルチディスプレイ

Mac に別のディスプレイを接続して、複数のディスプレイを使う方法です。

 

 

 

チェックボックスが「ON」のとき

チェックボックスを「On」にしているときは、各画面が単独でコントロールされるので、画面が複数のモニターをまたぐことはありません。

それぞれのページに「メニューバー」や「Dock」を表示することができます。

 

マルチディスプレイを使用しない場合は、Onのままでいいと思います。

 

チェックボックスが「OFF」のとき

チェックボックスを「Off」にしているときは、各画面が1つの画面になるので、画面が複数のモニターをまたいで表示されます。

「メニューバー」や「Dock」が表示されないので、各画面の表示領域を広く使うことができます。

 

 

まとめ

基本的には、マルチディスプレイを利用しない場合は「チェックを入れておいたまま」で問題ないです。

他のチェックボックスも確認して「Mission Control」の操作性を向上させましょう。

最後までありがとうございました。

 

   

 

        

 

google広告

-IT関連, Macbook

PAGE TOP