IT関連 Macbook

【MissionControl】ウィンドウをアプリケーションごとにグループ化

MacBook Air を2020年10月9日に購入しました。
購入した製品:MacBook Air (Retina, 13インチ, 2020) 256GBストレージ

Microsoftの「Windows」にはなかった機能がMacbookにはあります。しかも、初めはうまく使用できないのですが、理解できると劇的に操作効率がアップします。

その1つに「Mission Control」がありますが、使い方だけでなく設定が理解できると快適にMacbookを使うことができます。

 

Mission Controlの設定ってどうやるの?

 

 

複数のウィンドウを開いている状態

ウィンドウをいくつも開いてしまうと、目的のウィンドウがどこにあるかわからなくなってしまいます。

下の画像は、例として「Google Chromeで4つ」「マップで1つ」のウィンドウを開いている状態です。それぞれが重なってしまいます。

 

このようなときに便利なのが「Mission Control」です。

操作

  • 【ジェスチャー】 3本指で上にスワイプ
  • 【ショートカット】control+「↑」

 

Mission Control〜デスクトップを快適に〜【基本編】

続きを見る

 

これだけではMission Controlを使いこなせないので、さらにもっと細かい設定についてみてみます。

 

Mission Controlの設定

設定によりMission Controlで開いたときの画面の状態に違いがあります。

  • 「システム環境設定」→「Mission Control」

 

ウィンドウをアプリケーションごとにグループ化」のOn/Off について確認しましょう。

 

ポイント

Mission Controlでひらいたときに「アプリケーションごとに」まとめてウィンドウを表示してくれます。

 

実際の動作を見てみましょう。

 

通常の状態

下の画像は、例として「Google Chrome:4つ」「マップ:1つ」「システム環境設定:1つ」の合計6つのウィンドウを開いている状態です。それぞれが重なっています。

 

「ウィンドウをアプリケーションごとにグループ化」のチェックボックスをOn/Offの動作を確認します。

 

 

チェックなし

チェックを「Off」にしてMission Controlを開きます。

アプリケーションに関係なくそれぞれのウィンドウが1つ1つ分離して表示されます。

 

私は「チェックなし」の状態で使用しています。

 

 

チェックあり

チェックを「Off」にしてMission Controlを開きます。

アプリケーションごとにまとまって表示されます。

複数のアプリケーションを使用し、それぞれ1つずつのウィンドウで操作しているならば、この状態のほうが見やすいです。

 

まとめ

Mission Controlの使い方と、この「ウィンドウをアプリケーションごとにグループ化」の意味がつながるとかなりMacbookの画面操作が楽になると思います。

自分の使いやすいように設定し、操作ができると作業効率が向上するだけでなく、使うたびに「心地よさ」を感じられるのがMacbookをはじめとするApple製品の特徴だと感じます。

最後までありがとうございました。

 

google広告

-IT関連, Macbook

PAGE TOP